クロネコヤマト 引っ越し

引越しトラブルを回避するために

 

引越しトラブルを回避するために

 

 

繁忙期(主に3月末から4月頭にかけて)に引っ越しをされる場合、どの引っ越し業者も遅延の可能性が考えられます。

 

なのでそのような場合でも慌てることなく対応できるように、少なくとも1日は寝泊まりできる最低限の用意は手持ちの荷物で新居に持って行かれることをおすすめします。

 

また、荷物を詰めた段ボールには必ずナンバリングをしてから引っ越し業者に預けるようにしてください。

 

いざ新生活を始めてから「あれ?なんだか荷物足りてない気がする…」となったら大変です。

 

あらかじめ箱に番号を書いておくことで、足りない箱は無いか一目で確認することができ、そのような事態を避けることができます。

 

引っ越しにトラブルはつきものです。

 

しっかり準備をして素敵な新生活を迎えてください。


 

 

引越し業者選びは何ヶ所から見積もりをもらうと選択にも良いし、引越し業者にも代金値下げを依頼しやすいです。

 

業者が決まったら事前にダンボールを頂きますが、ダンボールは引越し後日返却する物なので、なるべく多めに頂いて新しい部屋の配置を考え、部屋別でダンボールに荷物は入れた方があとあと楽です。

 

必ずマジックで分かるように区別します。

 

衣類などはショーケースに入れておくのがいいです。

 

家具類は必ず業者と一緒にチェックした方がトラブル発生の場合にスムーズに処理ができるでしょう。

 

当日いないパターンはデジカメや携帯電話で写真を撮り証拠を持っていた方が良いです。

 

観葉植物などは枝に荷物が落ちてくる可能性があるので自分で運ぶことをお勧めします。


 

 

荷物を梱包した時にチェックシートを作って搬出の際に荷物の数量をチェックしておくと、搬入の時に荷物の降ろし忘れがあってもすぐに気づけるのでやった方が良いです。

 

これをやらずに後から荷物の数が合わないことに気付いて業者の窓口に急いで連絡しても、届くのに日数が掛ったり最悪見つからないこともあります。

 

荷物を入れる段ボールをスーパーなどから貰ってくる人もいますが、もしも貰うのであれば乾物や雑貨が入っていた物のみにしておいた方が良いです。

 

野菜や果物・その他の食べ物系は、小さな虫の卵などが付いている場合があるので、引っ越し先のハウスクリーニングが終わって綺麗な家に、わざわざ自分から汚れや虫を持ち込むことになってしまいます。


引越しトラブルを回避するために記事一覧

忘れがちなこと

電気、ガス、水道などは、ギリギリでもOKですが、最悪なのはNTTです。電気事前に電話しておき、当日はブレーカの上げ下げだけです。ガスガス会社が変わらなければ、電話一本でOKですが、転居先での点検と警報機の設置があるので、当日の対応が必要です。ガス会社が変わる場合は、事前に管理会社当に確認し、当日の引...

≫続きを読む

転居先で困らないために

引っ越し前の準備は、計画的に早めにした方がいいです。特に粗大ゴミは、ゴミの収集日が少ないので急いだ方がいいと思います。逆に、新しく新調する家具や家電もたくさんあると思います。間取りに合わせて置けるように長さや幅、高さをよく考えておくと理想的なインテリアの新居になります。引っ越し後しばらくは、片付けの...

≫続きを読む

業者を頼まないときは

プロ以外に引っ越し作業を頼むときは、以下の事項に気を付けたほうがよいと思う。引っ越し先の駐車スペースを事前に確保すること。仮にスペースが確保できなかったときは、近隣の住民とトラブルにならないため、事前に挨拶をしておくこと。どれくらいの時間がかかるか伝え、できれば手土産も持参したほうがよいかもしれない...

≫続きを読む

業者選びの注意点

評判や対応が悪い引越し屋さんもいるので、決める前にネットでクチコミを検索してみるといいと思います。どことは言いませんが、引越し中の破損など、トラブルが起こったときに対応が遅かったり、対応に取り合ってくれなかったりするところもあるようです。破損や傷があったりしても、保障金額はさほど高くないという話も聞...

≫続きを読む